よくあるご質問

HOME > よくあるご質問

建物を増築した時の手続きは?

建物の所有者は増築完了後1ヵ月以内に建物の変更登記を申請しなければいけません。

建物表題登記とは、建物登記記録(登記簿)の表題部に、“建物の所在、使用目的、構造、広さ、誰の建物か”、などの情報を登録する手続きです。

以前にも増築して未登記部分がある場合には、新しく増築した部分と以前増築した部分を一つの申請ですることができます。

先代の名義のままになっている場合、先代の名義のままで登記することは可能ですが、相続の登記をされることをお勧めいたします。

建物表題部変更・更正登記

建物表題部変更登記は建物登記記録(登記簿)の表題部に登記されている種類、構造、床面積等が、リフォーム等によって現況の種類・構造・床面積等と一致しない場合に、一致させる為の登記です。 建物表題部変更登記は申請義務があり、変更が生じたときから1ヶ月以内に申請をしない場合、10万円以下の過料に処せられることが規定されています。

  • 費用のご確認
  • 必要書類のご確認
  • 手続きの流れのご確認

建物に関するご相談

土地に関するご相談