よくあるご質問

HOME > よくあるご質問

建物を新築した時の手続きは?

建物を新築した場合には、1か月以内に「建物表題登記」を行わなければなりません。

建物表題登記とは、建物登記記録(登記簿)の表題部に、“建物の所在、使用目的、構造、広さ、誰の建物か”、などの情報を登録する手続きです。 所有権保存登記や抵当権設定登記の前提として必要となります。 表題登記には申請義務があり、1か月以内に申請をしないと10万円以下の過料に処せられることが規定されています。

建物表題登記とは

建物表題登記は建物登記記録(登記簿)の表題部に、「どこに、どんな種類の、どんな構造の、どのくらいの広さの、誰の建物」が建てられたかを登記するものです。 司法書士がする所有権保存登記や抵当権設定登記の前提として必要となります。 建物表題登記は申請義務があり、所有権を取得したときから1ヶ月以内に申請をしない場合、10万円以下の過料に処せられることが規定されています。

  • 費用のご確認
  • 必要書類のご確認
  • 手続きの流れのご確認

建物に関するご相談

土地に関するご相談