よくあるご質問

HOME > よくあるご質問

親から相続した土地を売却したいのだけど・・・

土地を売却するときには、売主に境界を明示する義務があります。

土地を売却するときには、売主に境界を明示する義務があります。 土地の境界は、現地にコンクリート杭や金属プレートなどの境界標が全て入っていれば分かりやすいのですが、古くから所有している土地には、境界標の全部または一部が入っていないケースがほとんどです。

境界標が入っていない場合に、お隣様と売主の間に境界についての認識の違いがあると、売買後にトラブルになる場合があります。このようなトラブルを未然に防止するためにも、売却の際に境界の明示が義務付けられています。

また、首都圏では特に権利意識の高さ、トラブル回避の意識の高さから隣接地の所有者全てから境界確認書を取り交わすことが求められます。逆に言うと、隣接地の所有者全てから境界確認書を取り交わしている土地については、「境界に問題のない土地」ということになり、価値が上がることになります。

このように、自らの財産の保全のためにも、土地売却の際には境界確定測量をお勧めします。

境界確定測量とは

  • 隣接地との境界が不明な場合
  • 売却の前に境界を明確にしたいとき

このようなときは「土地境界確定測量」をおすすめします。

境界確定測量

土地分筆登記や土地地積更正登記の業務内容に土地境界確定測量が含まれています。。

  • 費用のご確認
  • 必要書類のご確認
  • 手続きの流れのご確認

建物に関するご相談

土地に関するご相談