境界トラブルを解決したい

HOME > 境界トラブルを解決したい > 筆界特定制度

筆界特定制度

筆界特定

  • 分筆や地積更正登記をしたいが、隣接者が立会に応じてくれないとき、立会が成立しなかったとき。
  • 隣接土地所有者の行方が分からないとき。
  • 「筆界未定地」の解消をしたいとき。

このようなときは「筆界特定」を利用することが可能です。

事例

  1. Xさんは土地を分筆しようとしたが、Yさんが境界立会において「境界はA-Bの線ではない」と主張し、境界立会が不調に終わった。

経過

  1. Xさんが主張しているA-Bラインで筆界特定の申請。
  2. 法務局の筆界特定登記官により、申請書、現地の確認作業等を経て、A-Bで筆界が特定された。
  3. その後、XさんはYさんの立会・承諾を得ずとも、土地分筆登記をすることができた。

上記のようにYさんが土地の境界線について合意をしないことはよくあります。 Xさんとしては、土地の境界の合意を得ることが目的ではなく、分筆登記をすることが目的のはずです。このようなXさんにとっては分筆の業務における境界立会・合意は重荷であることと思います。 こういう場合に筆界特定制度は有効となります。費用、時間は一般の分筆業務よりはかかってしまいますが、境界確定訴訟を考えれば割安ですし、問題も大きくなりません。

  • ※筆界特定を利用して筆界が特定されても、それをもって境界標の設置はできません。設置するにはやはり隣接者との合意が必要となります。

筆界特定手続きの費用

(1) 筆界特定の代理人報酬額
 (当事務所への報酬額)
費用:400,000円~(税・実費込)
  • ※調査費用、測量費用、申請書・意見書・図面作成費用、交通費が含まれています。
  • ※上記は参考価格です。 土地の面積、隣接立会者の人数、基準点の有無、道路査定実施の有無等で価格が変わります。 お持ちの資料を拝見させていただき、事前にお見積りを提出させていただいております。
(2) 筆界特定申請の手数料
 (法務局へ納める手数料)
申請手数料は,対象土地の価額(固定資産税の評価額)によって決まります。 たとえば,対象土地(2筆)の合計額が4,000万円の場合,申請手数料は8,000円になります。
(3) 筆界特定の為に必要な
 調査・測量に要する費用
 (法務局へ納める手続き費用)
※手続き費用の額については、「筆界特定手続きにおける手続き費用の概算額の決定方法について」 (平成18年1月17日、民二第98号民事第二課長依命通知)により、各法務局が算出します。 はっきりとした金額は言えませんが、一般的には数10万円かかるものと考えられます。
  • ※調査費用、測量費用、申請書・意見書・図面作成費用、交通費が含まれています。
  • ※上記は参考価格です。土地の面積、隣接立会者の人数、基準点の有無、道路査定実施の有無等で価格が変わります。お持ちの資料を拝見させていただき、事前にお見積りを提出させていただいております。

(1)で当事務所で測量し、なおかつ(3)でも測量費用が発生するのは、(ⅰ)(1)で争いの対象地の測量ができなかった場合の補充測量や、(ⅱ)法務局による点検測量による公平・公正さの確保することが挙げられます。

上記の(1)、(2)、(3)を合計したものが筆界特定手続の費用となります。 土地の面積、その他の状況によって価格が大きく変わってくることとなります。 まずはお手持ちの資料をもとに、概算額をお見積りさせていただいております。

必要書類等(詳細は面談時にご説明いたします)

  1. 固定資産税評価証明書
  2. その他

作業期間

約8ヶ月~15ヶ月くらい

作業内容

  • 【ご依頼】業務説明、必要書類のご案内など
  • 【資料調査】役所、法務局などの官公署での調査
  • 【現場調査】現地踏査、基準点・現況測量をいたします
  • 【現地立会】隣接者及び道路管理者との立会をし、境界合意をします(申請箇所以外の境界立会)
  • 【合意書取り交わし】境界合意書作成、取り交わしをします
  • 【筆界特定申請書、図面、意見書等の作成】
  • 【筆界特定の申請】法務局による標準処理期間は6ヶ月~1年とされています
  • 【納 品】筆界特定書、その他の書面等の納品

よくあるご質問

境界と筆界の違いは?

境界には公法上の筆界と、私法上の所有権界があります。本来、これらの説明をするときは非常に難しい専門用語を必要とするのですが、ここでは簡単に下記のように説明させていただきます。

例えば、「自宅の土地が少し狭かったので、隣の土地を少し買って、境界ブロックもその位置に作りなおした」といった場合、現地の境界線はそのブロックの位置になっていますが、法務局の図面は何ら変わりなく、元の位置のままです。このケースは所有権界に変更が生じていますが、筆界には変更は生じていません。したがって、筆界≠所有権界の状態です。筆界=所有権界にするには、
 (1)買った土地の部分を分筆登記し、
 (2)その部分を買主へ所有権移転登記する、
 (3)場合によっては買主の元の土地と買った土地を合筆する、このような手続きが必要となります。

筆界特定はどのような場合に利用できるの?
「筆界」を特定するものなので、「所有権界」を目的とした申請の場合、却下されます。
筆界特定費用は誰の負担?負けた方が負担するの?
費用は全額申請人の負担となります。筆界特定制度は勝ち負けを争う制度ではありませんので、敗訴者負担の制度の適用はありません。

建物に関するご相談

土地に関するご相談