境界トラブルを解決したい

HOME > 境界トラブルを解決したい

境界トラブルを解決したい

当事者の合意による解決

隣接地との境界に争いがある場合でも、比較的話し合いで解決しそうで、裁判費用や時間をかけずに済ませたい場合には、この方法がおすすめです。

詳しくはこちら

筆界特定制度の利用

・分筆や地積更正登記をしたいが、隣接者が立会に応じてくれないとき、立会が成立しなかったとき
・隣接土地所有者の行方が分からないとき
・「筆界未定地」の解消をしたいとき
これらの場合には、筆界特定制度のご利用をおすすめします。

詳しくはこちら

ADR境界問題相談センター

・隣接地との境界に争いがあり、裁判は時間も費用もかかるので他の方法を検討している場合
・紛争の相手方にも「境界を確定したい」という協力姿勢がある場合
このような場合には、ADR境界問題相談センターのご利用をおすすめします。

詳しくはこちら

境界確定訴訟

・隣接者との境界合意が不調に終わり、筆界特定、ADRによる解決もできない場合
・紛争の相手方に「境界を確定したい」という協力姿勢がない場合
このような場合には、裁判に訴える方法があります。

詳しくはこちら

建物に関するご相談

土地に関するご相談