納税資金対策・節税対策

HOME > 納税資金対策・節税対策

土地分筆による節税対策

固定資産税の節税をしたいときは、土地分筆による方法があります。

詳しくはこちら

土地分筆による納税資金対策

相続税の納付をするための資金が無い、不足している。
土地が大きくて、全部を一括して売却しての資金繰りはむずかしい。
このようなときは、土地分筆登記をすることで解決できる場合があります。

詳しくはこちら

土地地積更正による節税対策

登記簿の土地面積より少なくなる土地地積更正登記をする場合、節税対策につながります。

詳しくはこちら

建物区分による納税資金対策

建物を区分して、その一部を売却して納税資金対策とするためには、建物区分登記による方法があります。

詳しくはこちら

建物に関するご相談

土地に関するご相談