建物・区分建物の登記

HOME > 建物・区分建物の登記 > 建物分割登記

建物分割登記

  • ひとつの登記記録に主たる建物の他に附属建物が登記されているときに、どちらか片方だけを所有権移転したり、権利を設定したいときには、建物分割をすることで可能になります。

このようなときは「建物分割登記」をおすすめします。

分割登記

建物分割登記の費用

建物分割登記
費用:80,000円~(税・実費込)
  • ※調査費用、交通費、完了後登記事項証明書(1通)の料金が含まれています。

必要書類等(詳細は面談時にご説明いたします)

作業期間

約2週間~

作業内容

  • 【ご依頼】業務説明、必要書類のご案内など
  • 【資料調査】役所、法務局などの官公署での調査
  • 【現場調査】実際に建物を計測、調査をいたします
  • 【申請書類作成】申請書・建物図面等の登記申請書の作成
  • 【法務局へ申出】完了まで1~2週間
  • 【完了書類の受領】受領書、登記完了証の受領
  • 【納 品】受領証、登記完了証、登記事項証明書の納品

よくあるご質問

建物分割登記と建物区分登記は違うの?
建物分割登記は「主たる建物+附属建物」を「主たる建物」と「主たる建物」にする登記であるのに対し、建物区分登記は「普通建物」を「区分建物」にする登記です。何となく似ている言葉ですが、違った意味で使われています。各ページのイメージ図等をご参照ください。
既に登記されていて、法務局にも図面があるのに、なぜもう一度測るの?
建物分割登記をする際、それぞれの建物につき新たに図面を作成し、申請書の添付書類としなければなりません。 調査の際には元の登記簿・図面の内容と現在の建物の内容が変わっていないことの確認をしなければなりません。 増築や種類変更等が生じている場合には、建物表題部変更登記を申請しなければなりません。 これらの理由から、もう一度測ることになります。
運転免許証で本人確認をしたり、調査時に建物の写真を撮るのはなぜ?
土地家屋調査士が代理人となって申請する場合には、登記申請書とは別に調査報告書という書類を提出します。 この調査報告書には「間違いなく申請人が登記する意思をもっていて、その確認をした」という文章を記載をしたり、「建物が間違いなく完成しています」という証明として写真を添付したりします。 この調査報告書は土地家屋調査士が国家資格者として責任をもって作成するので、登記官の現地調査が省略されることがあるといわれています。 家の隅々まで写真を撮ったりすることはありませんので、ご安心ください。

建物に関するご相談

土地に関するご相談