建物・区分建物の登記

HOME > 建物・区分建物の登記

建物表題登記

建物を新築したとき、古い建物で登記していないものがあるとき、相続財産で未登記建物を自分名義にしたいとき等、建物表題登記をする必要があります。

詳しくはこちら

建物表題部変更・更正登記

建物を増築したり、一部取壊しをした、物置や車庫等の附属建物を新築した、建物の種類を変更したときには、建物表題部変更(更正)登記が必要です。

詳しくはこちら

建物滅失登記

建物を解体したり、火事で焼失してしまったとき等、建物が無くなってしまったときは、建物滅失登記が必要です。

詳しくはこちら

建物表題部抹消の申出

自分の土地上に建物が存在しないのに他人の建物の登記がされており、その建物所有者が行方不明等の理由で滅失登記がされない場合

詳しくはこちら

建物分割登記

ひとつの登記記録に主たる建物の他に附属建物が登記されているときに、どちらか片方だけを所有権移転したり、権利を設定したいときには、建物分割をすることで可能になります。

詳しくはこちら

建物合併登記

複数の建物が一体として利用されているが、登記簿上、別々の建物と登記されている場合、その中の一つの建物を主たる建物とし、残りの建物を附属建物とすることができます。登記簿が一つにまとまります。

詳しくはこちら

建物分棟登記

既存の1棟の建物の中間部分を取壊し、そこに障壁を施して空間を設け、構造上独立した2棟以上の建物とすることをいいます。

詳しくはこちら

建物合体登記

登記簿上、別々の建物どうしを増築工事等により接続し、構造上一個の建物となったときにする登記です。

詳しくはこちら

建物区分登記

・賃貸マンションを分譲マンションにしたいとき
・一棟の建物を相続人数名に相続させる準備として区分しておきたいとき
・一棟の建物を相続した相続人間で部屋ごとに単独で所有したいとき
・建物の一部を売却して納税資金対策とするために、区分したいとき
このようなときは建物区分登記がおすすめです。

詳しくはこちら

区分建物表題登記

区分建物(分譲マンション等)を新築したときに必要な登記です。

詳しくはこちら

建物に関するご相談

土地に関するご相談