建物・区分建物の登記

HOME > 建物・区分建物の登記 > 建物滅失登記

建物滅失登記

  • 建物を解体した。
  • 建物が焼失した。
  • その他の事情で滅失した場合。

このようなときは「建物滅失登記」が必要です。

建物滅失登記は建物が滅失した時から1ヶ月以内に申請をしない場合、10万円以下の過料に処せられることが規定されています。

建物滅失登記の費用

建物滅失登記
(自己の建物の場合)
費用:45,000円~(税・実費込)

建物滅失登記は建物が滅失した時から1ヶ月以内に申請をしない場合、10万円以下の過料に処せられることが規定されています。

必要書類等(詳細は面談時にご説明いたします)

  1. 取毀証明書
       ・取毀業者様の証明書
       ・り災証明書
  2. その他(相続の場合の相続証明書等)

作業期間

約1週間~2週間くらい

作業内容

  • 【ご依頼】業務説明、必要書類のご案内など
  • 【資料調査】役所、法務局などの官公署での調査
  • 【現場調査】実際に建物が滅失したことを調査
  • 【申請書類作成】登記申請書の作成
  • 【法務局へ申請】完了まで1~2週間
  • 【完了書類の受領】受領書、登記完了証の受領
  • 【納 品】受領証、登記完了証の納品

よくあるご質問

建物滅失登記は自分ではできないの?
法律上、お客様ご自身でできます。ただし各書面は民法や不動産登記法に基づいて作成しなければならず、不備がある場合、補正や却下に該当してしまいます。熟練した土地家屋調査士にご依頼することをお勧め申し上げます。
建物が滅失した際、役所に届け出ただけでは駄目なの?
未登記であれば、滅失した後に役所に届け出ることで、翌年の固定資産納税は課税されない取扱ですが、登記されている場合は役所に届け出ても、登記は残ったままとなります。 よって滅失登記は必要になります。 なお、登記されている場合、滅失登記を先に申請すれば、法務局から役所の資産税課に通知がされますので、役所への届出は不要となります。 詳細は各市区町村の資産税課にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

滅失登記のご相談はお任せください。

滅失登記のご相談なら、福島県郡山市・いわき市・石川町・埼玉県川越市・東京都千代田区に事務所を持つ
ベストファーム 土地家屋調査士法人へご相談ください。

建物に関するご相談

土地に関するご相談