土地の測量・登記

HOME > 土地の測量・登記 > 土地表題登記

土地表題登記

  • 新たに土地が生じたとき(埋め立てや土地の隆起等)。
  • 国有地(水路・里道)の払下を受けたとき。

このようなときは「土地表題登記」が必要です。

自宅の土地の公図を見たら、土地の中を道が通っていて、役所で聞いたら里道(国有地)であった。 国から払い下げを受けることにしたが、未登記土地であるため、表題登記をして地番を起こすこととなった。

現状も水路や道として利用されているような場合は、払下を受けることは難しいと思われますが、上図の様に利用されていない道などは、払下が可能なことがあります(管理者よっては払下を禁止していることがあります)。 払下を受けない状況のままですと、土地を担保に融資を受けることができなかったり、土地の売却もできなかったりしますので、払下を受けることをお勧めいたします。

土地表題登記の費用

土地表題登記
費用:340,000円~(税・実費込)
  • ※調査費用、交通費、完了後登記事項証明書(1通)の料金が含まれています。
  • ※上記は参考価格です。土地の面積、隣接立会者の人数、基準点の有無、道路査定実施の有無等で価格が変わります。
    お持ちの資料を拝見させていただき、事前にお見積りを提出させていただいております。

必要書類等(詳細は面談時にご説明いたします)

作業期間

約2ヶ月~3ヶ月くらい

作業内容

  • 【ご依頼】業務説明、必要書類のご案内など
  • 【資料調査】役所、法務局などの官公署での調査
  • 【役所協議】用途廃止、払下の手続きについての協議
  • 【現場調査】現地踏査、基準点・現況測量をいたします
  • 【現地立会】隣接者、道路管理者及び財産管理者等との立会をし、境界合意をします
  • 【境界確定測量・境界標設置】現地に永久標識を埋設します
  • 【合意書取り交わし】境界合意書作成、取り交わしをします
  • 【用途廃止申請】国有地の管理者へ
  • 【国有財産払下申請】国有地の管理者へ
  • 【売買契約締結】国有地の管理者と
  • 【申請書類作成】申請書・地積測量図等の登記申請書の作成
  • 【法務局へ申請】完了まで1~2週間
  • 【完了書類の受領】受領書、登記完了証の受領
  • 【納 品】受領証、登記完了証、登記事項証明書の納品

よくあるご質問

土地の払下を受けた際、登記までしなければならないの?
土地表題登記を申請する義務があります。 払下を受けたときから1ヶ月以内に表題登記申請をしなければならず、それを怠ると10万円以下の過料に処せられる規定となっています。

建物に関するご相談

土地に関するご相談