土地の測量・登記

HOME > 土地の測量・登記

土地表題登記

埋め立てや隆起等で土地が新たに生じたときや、水路・里道等の国有地の払い下げを受けた時は、土地表題登記をしなければなりません。

詳しくはこちら

土地地目変更・更正登記

土地の地目を変更したときは土地地目変更登記をしなければなりません。現況地目が誤って登記されている場合は土地地目更正登記をすることができます。

詳しくはこちら

土地地積更正登記

土地の面積が明らかに違っているとき、売却の前に正しい面積による価格を算出したいとき、税金の評価減をしたいときには土地地積更正登記をすることができます。

詳しくはこちら

地図訂正の申出

地図(公図)の形状や位置に誤りがあり、そのままでは地積更正登記等ができないような場合に地図訂正の申出をして、地図(公図)を正しくします。

詳しくはこちら

土地分筆登記

大きな土地の一部を売却したり、抵当権を設定したいとき、一筆の土地の一部の地目が変わったとき、固定資産税の評価減をしたいとき、遺産分割で分けたいときなどには土地分筆登記をすることができます。

詳しくはこちら

土地合筆登記

隣り合っている数筆の土地を1つにまとめる登記です。細かい土地が多い場合、ひとつにまとめてすっきりすることができます。

詳しくはこちら

土地現況測量

土地の面積や境界が不明であり、測量をして図面を作っておきたいとき、正しい税金の評価面積を知りたいときに現況測量がおすすめです。

詳しくはこちら

土地境界確定測量

隣接地との境界が不明なとき、売却の前提として境界を明らかにしたいときには土地境界確定測量がおすすめです。

詳しくはこちら

土地境界復元

一度設置した境界標が亡失した場合に、再度、境界合意図面等を基に復元する作業です。

詳しくはこちら

建物に関するご相談

土地に関するご相談